2005年 09月 25日 ( 1 )
|
|
2005年 09月 25日 |
b0025831_18511259.jpg「あの装備を身に着けたい」「あの技を使いたい」「あの場所に行けるようになりたい」
私の場合、レベル上げのモチベーションの源となるのは、大抵こんな理由でした(もちろんその裏側には「強くなりたい」という根源的且つ普遍的な願望が存在するわけですが)。メインジョブがカンストしている現在、その理由付けのバランスは若干変わってきてはいます。でも、根本の部分では大きな違いはありません。

特に装備に関しては、ステータスやパラメータとは異なり、経済的な事情が許す限りは「先買い」出来るために、今までも装備可能な3~4レベル手前で購入して、金庫で眺めては「ヤル気」を奮い立たせていたものです。ところが、今回は少し事情が違いました。

【ホーバーク】 防47 STR+5 DEX+5 命中+10 攻+10 回避-10 Lv69~ 戦暗獣

この高レベルアタッカーの証とも言える胴装備は、ホーバージョンに比べてデメリットが軽減された程度で、目を見張るほどの性能差があるわけではなく、コストパフォーマンスという面で考えれば「ジョンで十分」というものです。しかし、そのダークで重厚なグラフィックには以前から強く惹かれていて、暗黒で装備可能なレベルに達したら絶対手に入れたいと願っていました。ただ、決して安価ではないこと、比較的安定した流通があることから、装備可能レベルの手前で買うのは控えようと思っていたのです。


でも何を隠そう、今までとは異なる理由で1ヵ月前に買ってしまってました。その理由とは、このところの急激な物価の高騰です。

暗黒のレベル上げを再開する前、まだ両手剣のスキル上げに勤しんでいた頃。競売をチェックしていると、しばらく安定傾向にあった中~高額人気アイテムに微妙な値上がり傾向が見られました。慌ててホーバークを調べると、履歴内で10~20万ずつ上昇しています。この時既に最終落札価格が295万。

自由市場では需給のバランスにより価格が変動するので、この流通量とニーズであればこの先一旦下落するのが普通です。しかし、今のヴァナ・ディールの経済感覚は、とても「普通」とは言えません。結局ホーバージョンの時ほど悩むことなく、その場でシック装備一式と共に購入してしまいました。部位によってはカンストまで愛用出来る上に、このままでは手の届かない価格になってしまうと直感的に感じてしまったからです。
この時のホーバークを含むシック装備一式(チェラータ+シックマフラ+シックブリーチズ+シックソルレット)が、3,179,000G。誤解のないように言っておくと、私にとってポンと気軽に出せる金額ではありません。でも、それ以上に焦燥感が上回っていました。
b0025831_1045268.jpg


そして、最近のホーバーク単体の落札価格が3,900,000G。シック装備一式を揃えると、総額で4,381,000G。私の購入時と比べても、120万G以上の値上がりです。買ってて良かったと胸を撫で下ろしながら、手放しで喜べないほどのインフレに複雑な気持ち。笑えませんよ、ホントに。

b0025831_18521822.jpg


それはさて置き、装備出来たことは素直に嬉しいです。
中身は大した事なくても、なんとなく強そうな暗黒騎士に見えませんか。
ああ、それって一番ダメなパターンですね?
by naojim0715 | 2005-09-25 23:00 | wandering FFXI |
ページトップ
The Original by Sun&Moon