■ 【FFXI】 ヤスリで野宿。 (10/31 sun.)
2004年 11月 02日 |
油目ヤスリ、油目ヤスリ。
呪文のように繰り返してみても、出ないものは出ません。
「デーモンが爪を研ぐのに使うヤスリ」なんてどうして必要なのかあのタル、と納得がいかないままに今日もルフェーゼ野でFomorの張り込みです。

b0025831_15292778.jpg一晩目。
天候は雷、遠くの方に雷エレ(楽)の姿がチラチラ。
前回はこいつを片付けることに手間を取られてしまったので、今日ははじめから寝かせてMPタンクにすることに。
20:00過ぎにFomor4体POP。メンバーは固定されているため、忍・侍・モ・シの厄介な順に片付ける。
赤魔道士ソロだと4体同時に相手してもドジを踏まない限りやられる心配はない。
しかし何しろ時間がかかるので、最初の4体が片付くとほぼ同時に次の4体が湧いてしまう。
氷エレを召喚していたおかげでMPにも困らず8体を倒す。
ミザレオ海岸側だともう一巡いけそうだが、ルフェーゼ野ではソロだとこれが一晩の限界か。ヤスリはドロップせず。

b0025831_10281477.jpg二晩目。
天候は曇り。エレは湧いてないが、今度はやたら近くを大木がウロウロする。
スリプガで巻き込むと面倒なので、Fomorを焚き火から離れたところまで釣って片付けることに。
最初のガ以降は、睡眠時間をずらせるために単発スリプル&IIで対処するため問題なし。
ところが昨晩に比べでMPが心細い。あれだけ厄介だったエレが恋しい。
と思っていたところに天候が雷に。早速遠くの方に湧いた雷エレをアスピルでナンパする。
近くでカーバンクルと大木狩りをしていた見知らぬ召喚士さんが、不思議そうな顔でこちらを見ている。
8体倒すが、今晩もドロップなし。

三晩目。
そろそろ飽きてきた。昼間は抜け殻のように立ち尽くして待つ。ある意味Fomorと同族。
集中力も鈍ってきたせいか、何度かHPが黄色になる。
最初の4体はドロップなし。
次の4体で出なければまた日を変えようと思っていたところで、3体目の侍が油目ヤスリを落とす。
単調な戦闘でボケた頭は「なんだ、油目ヤスリか」と一瞬落胆。
いやいや、それが目的だから。一転して目の前が明るくなる。やっと出ましたよ。

b0025831_1531317.jpgというわけで、なんとか油目ヤスリを入手。
しかし、今までの分と今回のソロ野宿の分を含めると、少なくとも70体ほどは狩ったはず…。
最悪のドロップ率であることは間違いないでしょう。

これでやっと金庫のEx&Rareアイテムが2つ消えます。
by naojim0715 | 2004-11-02 15:33 | wandering FFXI | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://naojim.exblog.jp/tb/804039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 【FFXI】 お調子者の末路。... ページトップ 【FFXI】 鳥のいる風景。 ... >>
The Original by Sun&Moon