■ 【FFXI】 ガーデニングに異状あり? (8/29 tue.)
2006年 08月 29日 |
数少ない金策の一つとして、栽培を続けています。
最近はチョコボ育成実装のおかげで、「謎の野草の種」からペーストの原料を採取するのが良い稼ぎになるようですが、相変わらずスパンの長い「苗木」の育成に鉢が塞がれている状態で、ブームに全く便乗できてません。

しかも、この「挿し木・苗木」系の栽培に、どうやら若干修正が入ったようです。
以前であれば、挿し木→苗木のスパルタ園芸(クリなし)による収穫率は約150%。つまり10鉢の挿し木からは、平均して14~15本の苗木が収穫可能で、また苗木以外が採れることはありませんでした。ところが少し前(7月のパッチあたり?)から、ヨロイ蟲と岩塩様が降臨するようになったのです。
このことは、競売価格にも反映されていて、挿し木の相場が徐々に低値に推移しつつあるにも関わらず、苗木は高値安定のまま。鉱石の相場が暴落していることや、世話に費やす時間を考えると、苗木で売りに出した方が利益率は高い気がします。

そしてもう一つ。こちらは主観的な感想で、確実な変化というわけではありませんが、同じ頃から苗木→鉱石の収穫率も下がったような気がしてます。今までの鉱石の収穫率(あくまで個人的なものです)は、10鉢あたり平均して約1.5個。40鉢をほぼ並行して栽培しているため、最低時でも5個、最高では9個採れたこともありました。
それが、前々回(7月)の収穫では、なんと2個/40鉢。しかも、4人の栽培キャラのうち2人が全滅(0個/10鉢)という有様です。全滅なんて、長い栽培経験の中で数回しかなかったのに、これは…。さらに前回(8月初旬)の収穫でも3個/40鉢、全滅1人。

普段から割とズボラな栽培で、条件面はあまり考慮せずにやってきましたが、それなりに安定していた収入源が過渡期を迎えているようです。まだまだ解明されていない部分も多くて、栽培は奥が深い。乱数の影響も大きいんでしょうけどね。


b0025831_1421933.jpg

↑相変わらず業者が増殖中(他に見えてない場所にも3人)。
以前ほどのあからさまなハラスメント行為は減りましたけど、戦闘の真ん中に居座ったり、何度もしつこく見つめてきたり、鬱陶しいことには変わりありません。so, go away from us.
by naojim0715 | 2006-08-29 22:00 | wandering FFXI |
<< 【FFXI】 蛙の歌を聴け。 ... ページトップ 【FFXI】 公園デビュー。 ... >>
The Original by Sun&Moon