■ 【FFXI】 めぐりあい 地中篇。 (8/20 sun.)
2006年 08月 20日 |
普段は滅多にメリポ稼ぎに行かないタイプなので、裏での活動やその他諸々のアクシデントが重なると、経験値が目減りする一方です。しかし、さすがにLvダウンまで放置するわけにはいかず、時々ささやかな保険稼ぎを兼ねてあちこち放浪したりします。
この日もAn嬢と二人で、アトルガンエリアの近場で「楽」を相手にチビチビと狩っていたのですが、流れ流れていつの間にやらハルブーンに侵入していました。ここは普段、ゼオルム火山へのショートカットとして利用するぐらいで、深部の詳しい様子はほとんど知りません。

b0025831_2051989.jpg

最初のうちは、獲物を探して慎重に移動狩りをしていたはずが、やがて新しいエリアに対して湧き起こる好奇心に負け、どんどん奥へ。どうせなら隈なく回ってやろうと、赤白コンビの『勝てなくても死ぬことはない』という利点を笠に着て、他人(トロル族)のテリトリーを土足で荒らしまくりです。ところが、しばらくバラバラに探索しているうちに、少し離れた場所からAn嬢の「うわー」という絶叫が聞こえてきました。

b0025831_2065041.jpg

急いで駆けつけてみると、前方の石橋の上を優雅に舞う白い影…。以前、公式サイトのバージョン・アップのお知らせ画像で見かけたアイツでした。





b0025831_2085138.jpg


Wamouraです。でもちょっとイメージが違うな。ナンデカナ…と近くに寄って見たら、これがデカイ!
サイトの画像を見た限りでは、鳥系モンスターぐらいの蛾がブンブン飛び回る様子をイメージしていたのに、実物の体長は優に私の倍、翼長はそれ以上ありそうなサイズ。鱗粉を撒き散らすかのようにわっさわっさと羽ばたく姿は、まるでエイリアンクイーンのような貫禄です。名前からすると、ゼオルム火山で黒魔道士達の格好の餌食になっているベンジョコオロギ(Wamoura Prince)の成虫っぽいのですが、何を食ったらこんなに大きくなるんでしょう。

b0025831_209422.jpg


そして、アップでSSを撮るために望遠気味の視点でジワジワと接近。案の定、距離感を失ってしまい、見事に絡まれました。痛いほどお約束のパターンです。
強さを調べたら、『とてもとても強そうだ』。結局、いつもの「寝かせ→エスケプ」で脱出し、この日はまともにやり合うことは避けましたが、そのうち戦ってみたいものです。…もちろん、6人で。
by naojim0715 | 2006-08-20 18:00 | wandering FFXI |
<< 【FFXI】 解禁、ちょこぼっ... ページトップ 【FFXI】 ボブとマイクのF... >>
The Original by Sun&Moon