■ 【FFXI】 3(時間)分クッキング。 (6/22 wed.)
2005年 06月 22日 |
b0025831_1421274.jpg調理ほどリージョン状況に左右される合成はありません。
食材それぞれに特産地があり、モンスターのドロップや栽培、その他の方法で入手出来る品はまだ良いのですが、中にはリージョン支配国の物産店でしか売ってないような物もあります。市場価格に影響を与えることはもちろん、場合によっては1週間以上流通がない食材とかも出てきたりします。

コンクエストシステムの修正前には、ヤグードドリンクを高騰させて自分達だけで利益を独占しようという連中が、獣人支配をキープするためにコルシュシュ(ヤグドリの材料・ブブリムグレープの特産地)で低Lv自殺を繰り返し、顰蹙を買うというような時期もありました。



せっかく『麺合成』のスキルを習得したので、試食用にパスタメニューでも作ってみようと思い立ち、まずは肝心のスパゲティ合成から始めてみました。材料は水クリ+デュラムセモリナ粉+岩塩と、至ってシンプル。サンドリアが1位の現在、どちらも南サンドリアのレンブロワ食料品店で入手出来るので問題なし。先々の在庫用を含め7ダースほど作り、余分は倉庫に仕舞いました。

さて、次に用意しておくべき中間食材はポモドーロソース。パスタ全6品のうち3品がこれを必要とする、麺合成には欠かせないトマトベースのソースです。ただし、レシピは材料8品を使う面倒なもの。倉庫をひっくり返したり、各国を飛び回ったりして、7品までは揃えたものの、ミザレオパセリだけがどうしても入手出来ません。

【ミザレオパセリ】 爽快な香りを発する葉のスパイス。タブナジア特産。栽培不可。
(This refreshing herb is used to accent many types of cuisine.)


リージョン情報をみると、タブナジアは獣人支配。確か先週もそうだったような…。
マイナー食材ということもあって競売でもほとんど流通がなく、数えるほどしかない履歴も古いものばかり。特産というぐらいだから、タブナジアの食料品店になら売ってるだろうと探してみても、扱いなし。どこが特産品なんでしょう。ミザレオ海岸で、そこらへんに生えてる草をむしれば採れるんじゃないの。採れませんか。そうですか。

ここで、ポモドーロソース作りは断念。
必然的に、ボンゴレロッソ、ペスカトーレ、ボスカイオーラの3品はしばらくお預けということになります。山ほど買い込んだ残りのソース用食材を倉庫に送り、もっと手軽に作れるパスタを探したところ、カルボナーラならなんとかなりそうだという結論に達しました。

【カルボナーラ】 ミルクと黒胡椒であえた炭焼き風パスタ。
(A tasty white pasta with a creamy sauce made from Selbina milk and ground black pepper.)


このレシピも食材8品をフルに使うものですが、今現在どうしても入手出来ないような物はなさそうです。
問題はこの1品だけ。

【野牛の干し肉】 バッファローの乾燥肉。
(Dried buffalo meat.)


でもこれは、氷クリに野牛の肉と乾燥マージョラム、岩塩さえあれば簡単に作れます。作ったことはありませんが。
倉庫にあった勝手に干し肉になりつつある野牛の肉3つと、競売で購入した3つで計6つ。1回の合成で2個出来るので、上手くいけば丁度1ダース作れるはずです。いえ、はずでした。
カルボナーラに必要な他の材料も揃え、まずは干し肉からと合成を始めると、高らかなHQ音と共に出来上がったのがコレです。

【バイソンジャーキー】 美味しくできた野牛の干し肉。
(Made from the happiest bovines in Vana'diel.)


えーと、今はコレ要らないんです。勘弁してください。"幸せな牛科の動物"って何ですか。
気を取り直して2度目。HQ。その後もHQ続きで、この時ほどHQ音が憎らしく思ったことはありません。結局、肉6個を使った合成で出来上がったのは、バイソンジャーキー×10と、野牛の干し肉×2。最終的にカルボナーラは4個しか作れず、またまた山ほど残った食材を倉庫に送る破目に…。
これだけ手間をかけたのに、中間食材はどうであれ目的の料理が4個という悲しい結果。


b0025831_14223571.jpgこの後LSでフォミュナ水道に遊びに行った際に、悔し紛れに暗黒(Lv40制限)で全部自分で食ってしまいました。
「なんとなくTPの貯まりが早い…気がする。微妙に。」と言ったら、Fi氏に「さりげなくパスタの宣伝してるよw」と突っ込まれました。してますよ、もちろん。しかし、これだけ手間とコストが掛かるメニューは、多少性能が良くても一般的に流通するは難しいでしょうね。


来週はミザレオパセリを買い貯めしよう。絶対。
雪山にも行こう。"幸せじゃない牛科の動物"を狩りに。
by naojim0715 | 2005-06-22 22:00 | wandering FFXI | Trackback | Comments(6) |
トラックバックURL : http://naojim.exblog.jp/tb/2998522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 戦士R at 2005-06-24 16:37 x
干し肉は大変ですね・・・・。
上限が35くらいなので、スキル60の人にお願いするのがいいかもですね。
というか、普通にHQでも使えれば問題ないんですがね^^;
Commented by らとな at 2005-06-24 16:49 x
コンニチハ。いつも楽しく読ませて頂いています。、うちのLSの料理長と同じところで手間取っていらっしゃったようなので、つい書き込みを。
師範レベルの人には野牛の干し肉は、HQがあまりにも出来すぎて困るみたいですね。LSで「調理40前の人作れ!」と言われて2D分合成させられたのが懐かしいです(←調理38)。
Commented by にゃんこ at 2005-06-24 17:44 x
HQ地獄キターー!もうねほんと勘弁してほしいです。
うちでは中間素材は調理50の相方に作ってもらっています。昔は指定生産もHQは納品不可だったので、パンとかスープとかHQができると困るものを作ってもらっていたらいつのまにかここまで育っていました(笑)
Commented by naojim0715 at 2005-06-24 19:34
>戦士Rさん

野牛の肉が割と貴重なこともあって、干し肉をスキル上げで作る人もいないので、競売でも見かけることが少ないですね。わかっていても「何かの拍子で出来たりしないかな」と、HQ品をこっそり紛れ込ませて座ろうとしますが、座れません(当たり前)。
ちなみにこの時、野牛の肉は1個4000~5000円もしました…。

----- from Rosso_RDMxDRK -----
Commented by naojim0715 at 2005-06-24 19:34
>らとなさん

ようこそ。コメントありがとうございます。

驚異のHQ率83%。欲しい時には出来ないくせに、要らない時に限ってこんなもんですね…。
私も、一つ目の合成結果がHQだった時点で、LSメンに頼んでみようと思いました。ところが、目ぼしいメンバーは既に水道に集合した後。カバンも一杯で時間もなく、無理矢理続行した挙句がこの結果です(笑)。
今夜は頼んでみようと思ってます。その前に、不幸せな牛を狩りに行かないと。

----- from Rosso_RDMxDRK -----
Commented by naojim0715 at 2005-06-24 19:35
>にゃんこさん

まさにHQ地獄。確かに以前は指定生産も受け付けてくれませんでしたね。
それにしても、頑張ってスキルを上げても思い通りの料理が作れないってのは、淋しいものがあります。一体、何の為の師範やら。せめて合成の設定で、HQが出来た場合に「数量or品質」を選択出来るようなシステムがあればいいのにと、いつも思います。

いつのまにか相棒が50って。麗しき師弟関係。

----- from Rosso_RDMxDRK -----
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 【FFXI】 想定外のNGワー... ページトップ 【FFXI】 いま、買いにゆき... >>
The Original by Sun&Moon